• ホーム
  • 性病は検査キットで自分で検査もできる

性病は検査キットで自分で検査もできる

性病にかかってしまったか不安を感じる方もいるでしょう。
性病は性行為に起因する病気であるため、病院に行きにくいと考える人も多いです。
しかし、放置していては病状が悪化してしまう可能性があるので良くありません。
また、パートナーに性病をうつしてしまう恐れがありますので、はっきりとさせておく必要があります。
そこで、病院には行きにくいけれどとりあえず検査をして性病にかかっていないか判断したい、という方にオススメなのが、自宅で自分で検査をすることが可能なキットを利用して調べることです。

このような性病検査キットは、ネットで販売されています。
使い方は簡単で、キットに検体を採取してそれをポストに投函して送るだけです。
調べる性病によって提出する検体が血液だったり尿だったりします。
これなら手軽に調べることができます。
結果は、インターネットから閲覧する場合や、急ぎの場合はメールや電話で問い合わせると確認できる場合などがあります。

検査をするにあたって自分の名前が知られるのは嫌だという場合でも大丈夫なように、匿名で検査をすることができるところもあります。
これなら、心理的な抵抗もありません。
キットはおおむね数千円から1万円台のところが多くなっています。
ただし、検査項目によっても異なります。
多くの項目を検査することのできるキットの場合は、高めの料金設定になっています。
こういったキットを送付して検査をしてもらえる業者は複数ありますが、どれを利用すべきか悩みどころです。

陽性であれば速やかに病院へ

さて、ネットで性病検査キットを入手したら早速調べましょう。
検査の場所は自宅でも良いですし、出先でもかまいません。
検査する時間帯は、早朝でも深夜でも自分の都合の良い時間帯でかまいません。
説明書に従って簡単な作業を行い、検体を採取するだけです。
ただし、検査の種類によっては血液を少し採取するようなものもありますので、落ち着いて作業できる場所と清潔な所がおすすめです。
その方が誤判定も少なくなります。

検査キットは「可能性」を調べる為のものですので、キットで陽性判定が出た場合でも、まだこの時点で性病と確定したわけではありません。
速やかに病院に行き、改めて病院で診察を受けた上で先生にきちんとした診断をしていただきましょう。
できればこの時点でパートナーに感染の可能性を伝え、パートナーにも検査を受けてもらうことが理想です。
なぜなら自分だけ治療をして性病が治ったとしても、自覚症状がないまま感染するような病気もありますので、再感染を防ぐ為にもパートナーの感染の確認もしておく方が良いでしょう。
万が一パートナーも感染してしまっていたとしても、早期治療を開始できます。
手軽に使える検査キットの誤判定についてですが、そんなに誤判定が多いのかというとそんな事はありません。

性病の検査をしてみようと思われる方には、それなりの心あたりがおありかと思います。
もしかすると不快な自覚症状が認められる方もいらっしゃるかもしれません。
陽性の判定が出てしまった場合には、とにかく治療と二次感染を防ぐことだけに集中する為に病院へ急ぎましょう。
性病の中には、軽く考えていると取り返しがつかなくなる病気もあります。
悪化する前に完治させて、快適な毎日を送りましょう。

関連記事